読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fishing Diary

バス釣り歴11年が色々紹介します!

万能すぎるドライブシャッドの特徴・使い方・オススメのフックについて!

今回は、O.S.Pから発売されているドライブシャッドについて紹介します!

f:id:cloud-7:20170425212825j:plain

 

↓前回のハートテールについての記事も読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp

 

~特徴~

シャッドテールワームの中で1番2番になるくらいの遠投ができます。シャッドテールワームは基本的に遠投できますが中には、複雑なボディをしているが故にそれが空気抵抗となりあまり飛ばないものなどもあります。

しかし、ドライブシャッドの場合は文句なしに飛んで行ってくれます。

また、超スローに巻いてもしっかりとテールが動いてくれます。

 

さらにノーシンカーで水面をバズべイトのような感じで速巻きすると、スプラッシュしながらドライブシャッド特有の音を出しながら引くことができます。

まだ、試したことがい方がいたらやってみてください!

 

そして、前回の記事でも書いたようにドライブシャッドとハートテールはよく比較されますが、両者の一番の違いはフォールアクションの有無です。

ハートテールは全くしないのに対し、ドライブシャッドはしっかりテールを動かしながらかなりナチュラルに斜め下に泳いでいきます。

例えば、バスが追ってきたのに食いきらないなどというような場面ではこのフォールアクションの有無が大きくかかわってきます。

 

しかし、ドライブシャッドはハートテールより脆いです。

並木敏成氏もおっしゃっていましたが、ボディの耐久性はギリギリの合格点といっていました、やはりナチュラルなアクションをさせるにはしょうがないのかもしれません。

 

次にフックですが、FINAのTNSオフセット5/0がオススメです。

ヘッド部分が良く裂けてしまうという方はハイパートルネードもありです。

f:id:cloud-7:20170425215016j:plainf:id:cloud-7:20170424230931j:plain

 

↓店頭で売り切れになっていることが多いのでよかったら参考にしてみてください↓

          

 

~フックを刺す時のポイント~

 

フックのアイを完全にヘッドの中に入れること

この写真はドライブシャッド4.5にFINAのTNAオフセット4/0の組み合わせです。

f:id:cloud-7:20170426100849j:plain

 

ワームの中心にまっすぐ刺すこと

ずれてセッティングするとまっすぐ泳がなかったり、早めに巻くときにボディがひっくり返ったりします。

f:id:cloud-7:20170426101353j:plain

 

カバーの濃さに合わせてフックを隠すこと

フックむき出しのほうがフッキング率は良いですが、その時の状況に合わせて、↓の写真のようにスリッドを利用してセッティングすることをオススメします。

f:id:cloud-7:20170426101930j:plain

 

~使い方~

シャッドワームなので巻くことは前提なのですが、私が使ってみての一番釣果があったのではテキサスリグのフォール中です。

この組み合わせをなげれば確実に釣れます笑

ドライブシャッド4.5+TNSオフセット5/0+バレットシンカー1/8oz

f:id:cloud-7:20170426103411j:plain

このセッティングですが、フックはカバーの濃さや狙いたいポイントによって変えます。5/0だと引っかかってしまうときなどは4/0に変えますが、泳ぎの安定性と飛距離が出るのは5/0です。

シンカーの重さも高速でフォールさせて喰わせたい時などはさらに重いものに変えたりなどそのフィールドの状況によって変えます。

テキサスリグは上のようなシンカーストッパーは必須です。

 

~最後にカラー選択~

これを買えば間違いないというカラーだけ紹介します。

写真にもあるソフトシェルスモーク、コスモブラック、ウォーターメロンペッパーです。

10カラーくらいは使用して各色それなりに釣りました。そのなかでも超濁りな水質の時は除く、たいていの水質に適応できかつ釣れるカラーはソフトシェルスモークです。

 

↓ドライブクローラーの記事も読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp