読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fishing Diary

バス釣り歴11年が色々紹介します!

アイオビー再販!!!

   

 

今回は、ジャッカルから発売されていたアイオビーについて紹介します!

 

↓前回はOSPのフロッグについて書いてので参考にしてみてください。

melrose.hateblo.jp

 

では本題に

↓こちらがイヨケンこと伊豫部健さんがプロデュースしたアイオビーです。

カラーは、上からイヨケンホワイトとチャートバックダズラーです。

f:id:cloud-7:20170331181756j:plain

現在はイヨケンとジャッカルとの契約が終了したため実質、廃盤となっており、

オークションサイトやメルカリなどでは定価の1,5倍か2倍くらいの価格で取引されて

います。正直なところ、名称変更しても良いから再販してほしいです笑

 

今回もこのフロッグのメリット、デメリットを書いていきます!

メリット

①ドッグウォークさせやすい

 

②長いラバーがあることで移動距離が短い

 

③バイトから即合わせでもしっかりかかる

 

アイオビーはフロッグの中で1番2番になるくらいドッグウォークさせやすいです。

PEラインを使用する前提ですが、フロッグ初心者の方でもキビキビと動かすことができると思います。

 

次に、ラバーの長さですが、ボディーに対して約1,5倍あります。

たいていのフロッグは、ボディーと同じくらいかボディーより少し長いくらいなので

この長さは珍しいと思います。

 

そして、トップウォーター全般に言えることですが、いわゆるビックリあわせ、

確実に釣りたいならできれば避けたいですよね。

しかし、アイオビーならビックリ合わせでも釣れちゃいます笑

この背中のへこみが関係しているのではないかと思います!

f:id:cloud-7:20170331185733j:plain

デメリット

①カバー絡みは高確率で引っかかる

 

バーブが大きい&ボディーに密着しているため傷むのが早い

 

③ラバーがフックに絡む

 

まず、オープンウォーターでの使用に限るならアイオビーはピカイチですが、

ボディーが逆三角形のためひし藻やリリーパッドの上だとひっくり返ったりします。

 

次に、バーブが大きいので寿命を延ばしたい場合は、バーブレスにすることをお勧めします。

 

そして、移動距離を抑える役割を担っているラバーですが、長いが故に高頻度でフックに絡みつきます。しかし、ラバーをカットしてしまえばメリットもなくなりますがデメリットもなくなります。これは完全にその人の好き好きです。

 

以上が私が使ってみての感想です。

 

現在は定価より多少高く売られていますが、このフロッグならそれなりの釣果をもたらしてくれると思うので買って損はないと思います。

 

ちょっと長くなってしまいました。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓他の記事も参考にしてみてください↓
melrose.hateblo.jp

melrose.hateblo.jp