読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fishing Diary

バス釣り歴11年が色々紹介します!

第3世代NEWマシンガンキャストって本当に進化してるの?

 

 今回は、2017年に発売されたサンラインから発売されている、P-Ion加工が施されたナイロンラインの「NEWマシンガンキャスト」について書いていきます。

f:id:cloud-7:20170523144203j:plain

      

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

①使い込んだ感想

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 私はバス釣り始めた頃から、現在に至るまでバスプロの並木敏成さんのファンで、第2世代のマシンガンキャストから使っていました。

 10年くらいは使い込みましたが、第2世代のマシンガンキャストは色落ちがかなり早いのと、ナイロンラインは水を吸ってしまうので避けられない部分だとは思いますが、劣化が他のラインに比べて少し早いかなーと思っていました。

 また、他のバサーからよく「マシンガンキャストは切れやすいからやめた方がいいよー」などの意見をもらったりしました。

 しかし、この意見に関しての私の意見は、真逆です。

 10年使い込んできたので多少は信憑性があると思うのですが、フッキングしてからファイト中に切れたことは記憶に残っている中ではありません。

 私自身、ばれてしまうのが一番嫌いなので、かなり慎重にファイトしていることはあります。でも多少無理やりバスを岸に抜きあげたりしても切れないです。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

②ラインナップ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 まずは、ラインナップから紹介します。

4.5lb~20lbまでは150m、22lb~30lbは100m巻きになっており、第2世代と同じです。

150m巻きは75mにシールのマーキングが、100m巻きは50mにマーキングがされています。

カラーについても、どちらもニューアットブラウンを採用しています。

 

   

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

③特徴

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

次は特徴について

【世界初のP-Ion搭載で各段に上がった耐久性】

f:id:cloud-7:20170523151720j:plain

 100キャスト目まではそれほどまで差は見られないが、P-Ion加工を施していない旧製品は200キャストを超えると表面の微細な傷が広がり始めている。それは、表面コーティングではなく『P-Ion』が糸そのものの表面を改質し、滑らかな状態を維持しているからだ。*1

  上の図を見れば一目瞭然ですが、P-Ionを採用することによって耐久性も良くなっています。この技術は耐水性にも優れているのでナイロンライン特有の水を吸って劣化するのを防いでくれると思います。

 

他社のラインと比較した図↓

f:id:cloud-7:20170523152330j:plain

 これに関しては、あっぱれとしか言いようがないですよね。この図だけ見たらマシンガンキャストをしか使いたくなくなるような気になります笑。

 

 私は、まだNEWマシンガンキャストを使用し始めて一か月位なので、まだまだ使い込みが必要だと思います。しかし初めてキャストした時に感じた事は、ガイドにラインが全く触れないで出て行っているのではないかというくらいにスルスルっとラインが放出したことです。

 実際に比較していないのでわからないですが、感覚的には、同じタックルで同じ号数のラインを投げた場合に、第2世代より第3世代のマシンガンキャストの方が1~2mより遠くに飛ぶのではないかと思いました。

 

 ↓私はよくAmazonで購入するので参考にしてみて下さい↓

         

 最後に第3世代NEWマシンガンキャストにはおまけのステッカーがついてきます笑。

f:id:cloud-7:20170523153941j:plain

↓過去の記事も良かったら読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp

melrose.hateblo.jp

melrose.hateblo.jp

 

 

 

*1:サンラインHPより抜粋

JACKALL「活虫」のインプレ+推奨フックの紹介!

虫パターン最強のファイナルウェポン活虫」を3つの項目にわけて紹介していきます。

f:id:cloud-7:20170523155026j:plain

 発売されたのが何年前か忘れてしまいましたが、最近私の中でイケチューブームが来ています笑ここ2か月はかなり使い込んでいて、サイズは大きくないですがそれなりに釣果も出ているので、実体験をもとに少し詳しく書いていきたいと思います。

 

                    

 

↓流通量が少なく店頭に置いていない可能性が高いので参考にしてみてください↓

               

 それでは本題に...↓ 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

①特徴

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 まずは特徴からご紹介します。

「柔らかいが高い耐久性を誇るエラストマーボディに高浮力の発泡成型フロートを内蔵し、脚には浮力に優れた中空シリコンスカートを採用しているので、誰でも水面で動く虫を演出できます。」*1

 

ジャッカルHPから一部引用した文章ですが、まさにこの通りで、バス釣り初心者でも簡単に虫が実際に水面に落ちてもがいているシチュエーションを簡単に再現できます。

 サイズと重さですが、サイズは約3cm 重さは2,2gです。推奨タックルについては後程紹介します。

 私がこのルアーでよく考えられているなーと感心した点は、腹部に金属のウェイトが入っていることです。このウェイトがあるおかげでキャストして水面に落ちた時に必ず同じ面で着水してくれるので、ウェイトを下にしてフックをセッティングすると必ずフックポイントが上向きで着水します。もし、このウェイトがなかったらフックポイントが下向きに着水する形になるのでウィードなどを拾ってしまい、それを取るなど無駄な動作をしなければならなくなるので、ストレスになり釣りの効率も落ちてしまいます。

 ぜひ実際に使用するときは腹部に入っているウェイトを下にしてセッティングしてみてください。

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ②用途+キャストする場所

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 これはダム湖や野池に限らず虫が落ちてきそうな場所です。

 例えば木が水面に被さっているような場所や、岸に草などが生い茂っている場所などの水面と岸のギリギリのラインです。オープンウォーターでも釣れる可能性はあると思います、しかし「水面に虫が落ちてもがいている」というシチュエーションが真っ先に思い浮かぶのはさきほどのような場所だと思います。

 実際に私もオープンウォーターに投げて、やる気のある小バスがぶっ飛んできてバイトしたりしたこともありましたが、釣れる比率としては、岸際:オープンウォーター=9:1くらいです。ただ、キャスト数が明らかに岸際が多いのでこの数値はあまり参考ならないと思います。ここで私が言いたいことは、オープンウォーターにキャストするなら岸際や木が水面に被さっているような場所の方が釣れる確率が高いということです。

そしてハイプレッシャーなフィールドですと、虫には反応してきてもラインを見られてしまい見切られることがあると思います。

 そんな時は、いわゆる提灯の釣りが効果的です。例えば木や障害物にラインをひっかけて水面につくかつかないかのところで虫を動かして、波動を出す釣り方です。この釣りはラインを見て見切るバスに対しては一番有効な釣り方です。

 しかしながら最近はIQが高いバスがいます笑。提灯釣りで水面をピクピクさせていても食う直前で見切る賢い奴がいるのです。私は何回かこのシチュエーションに遭遇していますがほんと「頭いいんだなぁー」って関心します笑。

 その賢いバス捕獲方法ですが、Youtubeにあった川村光大郎さんの動画に見たのですが、ずっと水面でピクピクさせておくのではなく、時々空中に浮かせて誘ってみると案外簡単に釣れるみたいなことをおっしゃっていたので実際に私もやってみました。すると、「水面でピクピク→空中に浮かせる」を2回くらいやっていたら本当に喰いました笑。

 同じ状況で見切られている方がいたらやってみてください!たぶん釣れます笑。

            

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ③推奨タックルと推奨フック

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  推奨タックルは、Lくらいのスピニングにラインは4lb~6lbだと思います。

 私はベイトフィネスにラインは8lbです。理由は、良く行くフィールドのカバーが濃かったりするからです。飛距離は多少犠牲になりますが、ラインブレイクが嫌なので少し強のタックルを使用しています。

 

そして推奨フック、番手は#3か#4です。基本的には#4がオススメです。

私は青木大介プロがプロデュースした、FINAのDSR132の#4を使っています。

 太軸のフックは安心感がありますが、その分重いので物によっては活虫が沈んでしまうと思います。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  ④活虫の注意事項

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ①の特徴でエラストマー素材を使っていると書いたのですが、この素材は耐久性は抜群ですが、変形しやすいです。ハードルアーと一緒に入れたりほかのワームと密接させておくと着色や変形するので気を付けてください。

 Twitterでみたのですが、タックルボックスに入れておいてことで活虫が溶けてかなり悲惨なことになっていたので、少々面倒ではありますが買った時のプラスチックのケースに入れておくのが一番安全だと思います。

 

 最後にフックのセッティングなど実際にして写真を載せたかったのですが、なぜが写真のアップロードができなかったので後日できるようになったら載せておきます。

 

↓他のジャッカルルアーの記事も参考にしてみて下さい↓

 melrose.hateblo.jp

melrose.hateblo.jp

 

                                   

*1:JACKALL HP

荒木根ダム 釣り禁止へ

                  

 いつか全面的に釣りが禁止になるだろうと思っていましたが、正直驚きを隠せません。

GWの前は「釣り」は禁止となっていませんでしたが、本日行ってみたところ、いたる

ところに「釣り禁止」の看板や張り紙がありました。

f:id:cloud-7:20170508233344j:plain

荒木根ダムは以前から湖面に入っての釣りやボートやフローターなどを浮かべての釣りを禁止していましたが、そんなことはお構いなしにボートを浮かべている頭の悪そうな二人組がいたりなどマナーを守っていない人がいたのは事実です。

10年以上居い続けていただけにとても残念です。

 

    

 

詳しい理由はまだわかりませんが、この感じからいくとその付近にある野池なども釣り禁止になってしまうのではないのかと思います。

最近始まったことではないですが、ワームが入っていた袋を捨てる人や、ラインを放置してしたまま帰ってしまう人、明らかに迷惑になるであろう場所に駐車する人など釣り人が自ら釣り場を汚し、釣り人が釣り禁止への要因を作っているのは言うまでもありません。

 

一度釣り禁止になってしまうと、その後再び釣りができるようになることは九分九厘ないです。今ある釣り場を今後も残していきたいなら釣り人のマナーを今一度考え直す必要があるのではないのかと思います。

 

荒木根ダムが釣り禁止になってしまった原因については今後わかり次第、記事にしていきたいと考えています。

 

↓過去の記事も読んでみてください↓

 

【バス釣り初心者必見】投げて巻くだけで釣れるルアーとは...?①

   

 

今回は、私自身も何度もぼうずを逃れてきたとっておきのルアーとセッティングを

紹介していきます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~余談~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バス釣り始めたての頃、私は「食べられない魚なんか釣って何が楽しいんだろ...」と

思っていました笑

最初は中々自分の思ったところにキャストできないし、そもそもどんなルアーが釣れるのか、竿の硬さやナイロン、フロロの違いなんて全く分からなかったです。

ですが、人生で初めて釣ったブラックバスは今でも鮮明に覚えています。

サイズは24cmで今思うととても小さいですが、当時は大きさなんて気にもならず、

初めて釣ったということにとても喜んでいたことを覚えています。

その一匹の喜びからバス釣りに熱中し始め、干上がって釣れなくなった野池や自宅横の空き地でキャスト練習したりなどして今年で11年目になりました。

まだまだ未熟な部分もありますが、バス釣りを始めた方により多くのバスを釣ってほしいという思いでこの先、初心者の方向けに簡単に釣れるルアーを紹介していきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回、紹介するのは↓

HPシャッドテール3.1のジグヘッドリグ

HPシャッドテール(O.S.P)+ベイビーシューティングボール3/32oz(FINA)

f:id:cloud-7:20170428184300j:plain

ワームはOSPから発売されているHPシャッドテール3.1インチです。

使い方は簡単で、投げてただ巻くだけです。かなりスローに引いてもしっかりとテールがアクションしてくれるのでただ巻きしているだけで簡単に釣れます。

カラーは上の写真のウォーターメロンペッパーがオススメです。

 

ジグヘッドは、イヨケンこと伊豫部健さんがプロデュースしたベイビーシューティングボールです。ウエイトは自分が狙いたいレンジや状況に合わせて変えた方がより釣れますが、今回は初心者の方向けに書いているので、上記の組み合わせでほとんど対応できます。

また、オープンウォーターや障害物の少ないところではガードの本数を減らして↓

f:id:cloud-7:20170428193029j:plain

このようにガードを2本にしたり、ペンチなどで全て抜いてしまった方がフッキングはよくなります。

【注意】ガードの減らし方ですが、1本減らそうとして引っこ抜くと他のガードも一緒に抜けてしまうことがあるので、根本をハサミなどで切るようにした方が良いです。

 

↓釣り具屋さんに置いていない所もあるので参考にしてみてください↓

      

このルアーは一年中釣れますが、春から秋にかけてはかなり釣れるのでぜひ試してみてください!

 

↓ドライブシャッドもオススメなので読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp

 

 

ダンクル5のセッティング!背針のやり方について!

 

今回はジャッカルから発売されているダンクル5について簡単にご紹介します。

f:id:cloud-7:20170426194015j:plain

 

↓ドライブシャッドについての記事も参考に読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp

 

ダンクル5インチといえば、ダウザー俺たちこと秦拓馬さんがプロデュースしたシャッドテールです。

例えば小規模な野池などではダンクル7だと食きれるサイズのバスがいないというシチュエーションはあると思います。それを解決したのがダンクル5です。

 

まずは、特徴から

長さ・・・5インチ 重さ・・・1oz フック・・・ダブルフック

 

重さがかなりあるので飛距離はかなり出ました!

フックは、フッ素コーティングが施されているのでそこまで激しくフッキングしなくても乗ります!

 

フックは背中側と腹側の2か所にセット可能です。

f:id:cloud-7:20170426195310j:plainf:id:cloud-7:20170426195331j:plain

 

しかし、背中側にセットする場合はもともとフックがついていたポジションに

2.5g以上のシンカーをつけなければいけません

 

↓2セットを比較するとこのような感じになります↓

 

↓腹側にフックをセットした場合↓

f:id:cloud-7:20170426201112j:plain

 

↓背中側にフックをセットした場合↓

f:id:cloud-7:20170426201234j:plain

 

このような感じになります。背中側にフックをセットするとシンカーもつけなければならないですが、ボトムに当てながら探ることもできたり、まず根掛かりはしないのでなくしたくない方にはオススメです!

 

このシンカーですが、ZAPPUのアイショットというものを使っています。

f:id:cloud-7:20170426201844j:plain

重さのラインナップは1.8g、3.5g、5.0g、7.0g、10gです。

私は3.5gを使用していて、ワンタッチで取り付けできるのでオススメです!

 

↓アイショットは送料無料で買えたので参考にしてください↓

       

 

↓ガバチョフロッグの記事も読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp

   

万能すぎるドライブシャッドの特徴・使い方・オススメのフックについて!

今回は、O.S.Pから発売されているドライブシャッドについて紹介します!

f:id:cloud-7:20170425212825j:plain

 

↓前回のハートテールについての記事も読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp

 

~特徴~

シャッドテールワームの中で1番2番になるくらいの遠投ができます。シャッドテールワームは基本的に遠投できますが中には、複雑なボディをしているが故にそれが空気抵抗となりあまり飛ばないものなどもあります。

しかし、ドライブシャッドの場合は文句なしに飛んで行ってくれます。

また、超スローに巻いてもしっかりとテールが動いてくれます。

 

さらにノーシンカーで水面をバズべイトのような感じで速巻きすると、スプラッシュしながらドライブシャッド特有の音を出しながら引くことができます。

まだ、試したことがい方がいたらやってみてください!

 

そして、前回の記事でも書いたようにドライブシャッドとハートテールはよく比較されますが、両者の一番の違いはフォールアクションの有無です。

ハートテールは全くしないのに対し、ドライブシャッドはしっかりテールを動かしながらかなりナチュラルに斜め下に泳いでいきます。

例えば、バスが追ってきたのに食いきらないなどというような場面ではこのフォールアクションの有無が大きくかかわってきます。

 

しかし、ドライブシャッドはハートテールより脆いです。

並木敏成氏もおっしゃっていましたが、ボディの耐久性はギリギリの合格点といっていました、やはりナチュラルなアクションをさせるにはしょうがないのかもしれません。

 

次にフックですが、FINAのTNSオフセット5/0がオススメです。

ヘッド部分が良く裂けてしまうという方はハイパートルネードもありです。

f:id:cloud-7:20170425215016j:plainf:id:cloud-7:20170424230931j:plain

 

↓店頭で売り切れになっていることが多いのでよかったら参考にしてみてください↓

          

 

~フックを刺す時のポイント~

 

フックのアイを完全にヘッドの中に入れること

この写真はドライブシャッド4.5にFINAのTNAオフセット4/0の組み合わせです。

f:id:cloud-7:20170426100849j:plain

 

ワームの中心にまっすぐ刺すこと

ずれてセッティングするとまっすぐ泳がなかったり、早めに巻くときにボディがひっくり返ったりします。

f:id:cloud-7:20170426101353j:plain

 

カバーの濃さに合わせてフックを隠すこと

フックむき出しのほうがフッキング率は良いですが、その時の状況に合わせて、↓の写真のようにスリッドを利用してセッティングすることをオススメします。

f:id:cloud-7:20170426101930j:plain

 

~使い方~

シャッドワームなので巻くことは前提なのですが、私が使ってみての一番釣果があったのではテキサスリグのフォール中です。

この組み合わせをなげれば確実に釣れます笑

ドライブシャッド4.5+TNSオフセット5/0+バレットシンカー1/8oz

f:id:cloud-7:20170426103411j:plain

このセッティングですが、フックはカバーの濃さや狙いたいポイントによって変えます。5/0だと引っかかってしまうときなどは4/0に変えますが、泳ぎの安定性と飛距離が出るのは5/0です。

シンカーの重さも高速でフォールさせて喰わせたい時などはさらに重いものに変えたりなどそのフィールドの状況によって変えます。

テキサスリグは上のようなシンカーストッパーは必須です。

 

~最後にカラー選択~

これを買えば間違いないというカラーだけ紹介します。

写真にもあるソフトシェルスモーク、コスモブラック、ウォーターメロンペッパーです。

10カラーくらいは使用して各色それなりに釣りました。そのなかでも超濁りな水質の時は除く、たいていの水質に適応できかつ釣れるカラーはソフトシェルスモークです。

 

↓ドライブクローラーの記事も読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp

  

ハートテールの特徴・使い方・オススメフックについて!

 

今回はゲーリーヤマモトから発売されているハートテールについての特徴や

最適なタックルについて紹介します!

 

↓前回のガバチョフロッグについても参考までに読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp

そもそもハートテールはいわゆるシャッドテールワームで、テールの形状がハート型

になっているのでこのような名前がついたのだと思います。

f:id:cloud-7:20170424225753j:plain

 

まず、使い方ですが、基本的にただ巻きです。

ただ、このワームの致命的というか残念な所は、フォールさせたときに全くアクションしないことです。よくO.S.Pから発売されているドライブシャッドと比較されますが、

両者の一番の違いはフォール中のアクションをするかしないかだと思います。

また後日、比較した記事を書きたいと思います。

 

 

次に最適なフックですが、

ハヤブサ社から販売されているFINAハイパートルネード7/0です。

状況によっては写真右のウェイテッドの7/0です。

f:id:cloud-7:20170424230931j:plainf:id:cloud-7:20170424230957j:plain

この2つがあれば他のフックは必要ないと思います。

ウェイテッドの必要性ですが、川などで少し流れが強い時やバスのレンジが深めの時

などはウェイテッドの使用をおすすめします。

 

オリジナルフックを使用して、ギリギリテールが動く速さで巻いてできる限り深い

レンジを巻いても良いとは思うのですが、深いレンジを探る時はウェイテッドを使用

した方がストレスなく確実に巻くことができます。

 

 ↓扱ってない釣り具屋さんもあるので参考にしてみてください。

     

 

推奨タックルについて、

ロッド:MHかバットにパワーがあるMです。

ライン:最低12~16lbのフロロカーボンです。

フックがオリジナルかつノーシンカーなら12lbでも大丈夫ですが、ウェイテッドを

使用する時は14lb以上を推奨します。

 

投げる場所ですが、岸際や何かしらのストラクチャーがあるところをゆっくりとただ巻きです。カラーは自分が気に入ったものを選べばよいと思います笑

 

私のカラー選択 参考までに↓

表層付近を探りたいときはウォーターメロンブルーギルかシナモンブルーシャッドです。

レンジが深くなった時は、ウォータメロンペッパーかグリーンパンプキンにハイパートルネードのウェイテッドです。

濁りがきつい時はチャート&ライムフレークです。

 

春限定カラーも発売されています。私はまだ買っていませんがアオテナガがかなりきになっているので見つけ次第買いたいと思います笑

 

↓ドライブクローラーについての記事も読んでみてください↓

melrose.hateblo.jp